ポイ3

必ず来る。
信じて疑わなかった。

hirata

いた。
前方の歩行者はクワガタの存在に全く気付かず、間一髪で真横を通過。
後方チェックOK、撮影完了。
30アップヒラタ♀キャッチ。
パターン成立とした。

nokogiri

暴れまくるノコギリ♂。
自転車の集団に踏まれた模様。
無念ポイ。

hirata

メンドクセ。ノコと同エリアにて、車道脇でケツ引きずってもがく40アップヒラタ♂。
両後脚がおかしい。
クモの巣に突っ込んだらしく、糸に巻かれてしまってた。
こういう厄介者にもしばしば出くわします。
この蜘蛛の糸がまたとんでもなく強く絡まってて、ポイするにしても一旦持ち帰ってハサミで切らないとキツかった。

hirata

越冬した個体でした。
目立った損傷なし。
ダニも見えないし、こいつに決めた。
シャワーからのゼリータイム。

この遊びの醍醐味は、コンクリートジャングルに迷い込んだクワガタを如何にして踏まれる前に拾い上げるか。
かといって延々と突っ立って飛んでくるのを待ち伏せは萎える。
ナントカGOみたいに人んちの前ウロウロして、ここで採ってまーす、って誰が見ても不審者。
俺も信じません。
曲者は自己責任で。

踏まれる時は一瞬。
ほんの数分前はいなかったのに、コンビニ行って戻ってきたら。
とか、毎時間チェックしてもその日は飛んでこなかったりとか。
大概そんな感じです。

過度の依存は本末転倒、連日記録したデータと野生の勘だけが頼り。
ザッツマイワイルドワールド。

TJIFBF