Hi-Tension Massive

セーフ。バタバタからの放置気味でした。こんにちワールド。

倉敷からの先週4/21(土)は岡山→東京→Bar Zionさん @ 千葉県成田市へ。
OHCサウンド aka 小見川放送倶楽部のレギュラーダンスに初登場、先日は久々Zettoスタジオにてダブセッションあざす。
せっかくバーでやるならと、ガッチリかましてきました。長々とお付き合いいただきました、観に来てくれた皆ありがとう。お前ら全員が証人。
感謝す。

2018

プライスレス。オケ19曲で約90分、キリのいいとこで〆。最近は連日歌う機会もめっきり減ってしまって、喉を酷使する事自体少なくなってきてる。そこはポジティブに、この声も所詮は消耗品だぞと。有限であると自覚しつつ、頂いた仕事は全力で。ラバダブにリハーサルは要らない、というのとはまた別の話で、自分の場合は、前日リハやり過ぎた、ぐらいがベスト。最後のひと言まで変わらない、潰れない喉、枯れない声作り。自己満はこのくらいにして、また引き出しの奥の奥にでも締まっておこうと思う。エンジニアさん様様す。

耳>喉。例えばダンスでインイヤーモニターって皆無だよね。自分はレゲエの現場では使った事ないです。話題にすら上がらないのはキャパのせいなんだろうけど、あれ使いだしたらいよいよヤベー事になる。未知の領域、有限の可能性。とかね。
プロは結果が全て。より良いものにするために。改めて見直せる点はまだまだある。

向こう20年を見据えて。
この歳までReggae Deejayとして歌い続けてきた結果、
未だかつてない、この上ない手応えを感じている。

Blessed love & Raspect