自宅採集

自宅シリーズ2K17。今年は3年振り?にデカブト♂降臨。

kabuto

越冬テントウムシナウからの業者さんポリッシャーで大掃除一掃淘汰ナウOrz。

kabuto

思うところありまして。なんでまたクワガタなのかとか。

kabuto

屋内はヒトのテリトリー。虫ナメてると酷い目に遭うぞと。屋外ではノーバイアスを貫きたい。動物にとって我々ヒトは害獣であると。いくつになっても変わんないですね。それでもポイだけは止めなかった。日常生活のリアクションとして。

kamikiri

小2だったと思います。虫眼鏡使ってアリに太陽光を照射してみると、蒲焼きのニオイがすると。バケツにミミズ放置したり、ションベン虫の羽を千切った事も。誰にも怒られなかった。目的が「捕まえる」から「助ける」に変わった瞬間。ふとした拍子にフラッシュバックします。人生初の壮大な使命感、達成感、喪失感からくる罪悪感。あったと思う。少なくとも幼少から続けてるという事になりますね、この遊びは。正義の味方ごっこ。

kanabun

aodougane

そこでかよ↑アオドウガネのペアっぽい。エレベーターにて、絶対出れないヤツ。
このご時世、ヒトにスルーされる動物って大したもんだと思う。好かれても嫌われてもアウトかなと。自分は特に虫が好き、なわけではないです。嫌いじゃない程度。つい最近までコガネムシ系全般をカナブンと呼んでたくらい。特に好きだったのは、体育館の縁の下にいたアリジゴク=ウスバカゲロウの幼虫。あと昆虫じゃないんだけど、ジグモ。不思議だよね、クモ苦手なのに小さいのだけは今でも触れます。でもどれもインドアで飼いたいとは思わない。

kamakiri

潔癖症でも何でもなくて、自分の理想とする飼育環境に適応できる身近な生き物って、実は近所のコクワぐらいなもんだった。もっと言うとそんな動物は今んとこクワガタだけだと。いうわけです。

それがそこにいる限り。貴方を魅了して止まない、正真正銘アウトドア。お探しあれ。

TBT