投稿

2018の投稿を表示しています

20th

イメージ
先週土曜日のバーアクエリアスへお越し頂きました皆様、毎度ありがとうございます。


クワラガ早くも20回目となりました。 次回は平常通り11/3(土)文化の日。 今後ともよろしくお願いいたします。 Blessed love

Sound Shaker

イメージ
先週末日曜日は兵庫→東京→Sound Shaker @ 千葉mattari-yahさんへ。 観に来てくれた皆ありがとう。
「平成最後の夏」という事で、文字通り自分も今夏最初で最後の野外ライブ。 お披露目も兼ねて今年リリースした曲をメインに、いつも通りな感じで演らせてもらいました。
サウンドシステム by Hiroyahman最高、に気持ちよかったす。 DJ Fabulousのレギュラーダンス「Grung God」オールスターズ降臨。 こちらも引き続き要チェック。



見渡す限り、森。 クワガタガンガン飛んでくるとの事。 お世話になったmattari-yahの店長さん、なんと古いお知り合いでした。 20年ぐらい前のFine Night、頼まれで皿回した事があって、その時にご一緒してたみたいです。 ついついお開きまでお邪魔しちゃいました。 またすぐ行きたし。 カレーご馳走様です。
蓋を開けてみたら顔見知りだらけで、あっという間に帰ってきた感。 帰りの新幹線でSeiboさんとバッタリ、品川で一旦解散からの後ほどヤーマンでした、楽しかったす。
約3ヶ月振り?のライブという事で、実は事前に某ダンスにてリハビリがてらラバダブ志願、水金土日で計4日間。 Deejay一人旅、まだまだ朝飯前。 内心ホッとしております。 お世話になりました全てのレゲエ人、お客様に感謝。 One love & Inity

Bass Kingdom in 神戸

イメージ
からの、Bass Kingdom神戸ツアーに合流。 観に来てくれた皆ありがとう。
東西入り乱れての2時間超超豪華ラバダブショーケース。 大箱でVIPサウンドシステム最強、マジでビッグダンス。 祝Noise2イケダ君お誕生日おめでとうございます。



恒例のぼっちでフライヤー自撮ってたら、画面にMoomin兄さん降臨。 嬉。
出演者、関係者の皆さんお疲れ様でした。 Blessed love & Respect

雷音屋

イメージ
からの俺の2日目。

まずは久々尼崎へ。 Thunder率いる雷音屋さんにてサクッとダブセッション。 の前にラーメンご馳走になりました。 で、そこの地名が「難波」と書いて「なにわ」と読むらしい。 標札見て一瞬、 え?と思ったら今度は三十六公園「みとろく」と読むらしい。
尼あるある、との事。


移転後初となりました、いいスタジオすね。 なんなら住みたい。 ぼちぼち僕も1曲書いてみようと思ってます。 Bigheadのオケチェックナウ。

からのBass Kingdomへ。 翌日は千葉に備えて始発で帰京。
行きはIkkeiに、帰りはEmperorヤマトに新神戸駅まで送ってもらいました。 ケアしてくれたDown Townダイキ、General Stoneシンジ&ケースケと尼っ子の皆に毎度感謝す。 Blessup bros

Vinyl Creator

イメージ
先週金曜日はVinyl Creator @ 神戸Jamdungさんへ。
観に来てくれた皆ありがとう。

写真はDown Townサウンドと。 アナログレコードオンリーという当ダンスのレギュラーサウンド、General Stoneの2人は今年21歳との事。 ジャスト自分とランキンさんの年齢差。 ついにこの時が来たのかと。

リクエストはAtooshiの7インチのB面のVersionで再演。
正真正銘オリジの音でマイタイム完了、からのOasisサウンドTranx監修によるラバダブ大会OK。
バイクリDeejay勢、お世辞抜きにハイヤーレベルであっぱれ。 Prof. Chinnen兄さん飛び入り最高でした、ずっとニアミス気味だったんだけど、今回リンクできて良かったす。
アナログレコードにハマるハタチ。 アトゥイでしょ。 もちろん普段はPCとの事。 Down Town、Emperorから新たな世代へとtaking over now. 兵庫の未来は明るい。



Bass Kindomフライヤー発見。 Jamdungの皆さんも準備万端で翌日へ。 感謝す。
今回お世話になったホテル、なんと22:00チェックアウトでした。 アーティストには嬉しい限り。 定番化するといいね。
Blessed love & Respect

春コクワ2018

イメージ
チャーミー関東通過。 お疲れ様でした。
タイニーチャレンジ春の陣、まとめます。
【9/26】
とっくに羽化してるであろう、ラスト1本のフィルターが綺麗に捲れているのを発見。


キノコ?生えてねーし。 散らかしてるし。


平成最後の?ラストニンジャはブラウニーな♂39mm。

【7/17】
♂30mm脱出。 食い始めたかと思ったら、あっという間に逝ってしまった。 RIP。 ならばと、このボトルにくノ一イン。
♂ 39mm 30mm ♀ 23mm 23mm 22mm 人工蛹室0 羽化不全0

特筆すべきは、全頭ボトル最上部に蛹室を作ってくれた事、掘り出し不要だった事、ですかね。 三度目の正直、仕切り直して要検証。


ママ元気。
先週2回目の産卵へ→9/30無事回収。 一昨年1/2からジャスト21ヶ月、長い付き合いになりました。
感謝してもしきれません。 準備万端で三度目の冬に備えてもらいます。
それにしても謎。 写真撮り忘れたけど、破らずに内側からどうやってあのシールタイプのフィルターをあんなに綺麗に剥がせたんだろ。 こんな感じに。 あれだ、また忍法か。

有り得ナイス。 忍

ニジイロ2017

イメージ
So let's take a look at the true colors of the rainbow :)
簡潔にまとめます。



今年羽化のゾウさん。 実は先日メスが逝ってしまい、無念のぼっち確定。



♂56mm。
レギュラー200cc→700cc→700cc→人工蛹室。
飼育開始からジャスト12ヶ月で羽化。
現在はコクワールドのグルに就任。



♀34mm。
200cc→700cc→人工蛹室。
こちらは13ヶ月。
半分ぐらい縮んだところでようやく蛹化。
普通にゼリー食ってたのに、ある日を境に日に日に動かなくなって、そのまま脱力。
RIP。



どちらも蓋まで噛みまくりでした。 縮みまくったオスの暴れはボトル交換でピタッと止まり、すぐに蛹室を作り始めた。

てっきり♂2かと。
どうやらニジイロの幼虫に限っては、卵巣有無の確認ができないとか。
で、別の方法で判別出来てたつもりが、今回も見事にハズレてた。
ウェブ情報なので割愛。

ブラ〜ってますが、〆は記念になってしまった日の一枚から。
2匹で1コイン。
恐らく兄妹でしょう。
一昨年大失敗からの、このままで終われるかと恥を忍んで嫌々入手。
後味の悪さは否めないものの、ひと通りチェックできたし、何より綺麗に羽化してくれた。
へんたい良しとします。
TJIF

2018ライン

イメージ
母屋27℃キープ。
いい感じ。
今年は9月からいっとこーぜ、と。 約3週間、30℃を切りだしてから今月いっぱいまでとする。 コクワ2ライン、オオヒラタ2ライン、etc。 昨晩スマトラ♀無事回収、結構な数の卵が見えててビビってます。 コクワのほうもヤバい事になりそう。 あとはまあ、今日のところは割愛。 順調す。



自力でやる。 指導者もいなければ教科書すらない、結果が全て。 とにかく頭を使います。 だから楽しいし、失敗しない。 最悪の事態を想定したうえで、様々な疑問に対する答えを一つでも多く導き出せていれば、むしろそれは成功と言える。 何でもそうですね。 取説は自分で作る、俺ん中での趣味の基本です。

醍醐味は産卵床のセッティング。
「産むかも」から「産む」へ。
セット毎に課題を設けて、メスの産卵行動や卵の経過を観察し、詳細に検証していく。 飼育環境や生体のコンディション、こっちの都合等々、たとえ偶然であろうとそれら全てが一致しなければ奇跡は起きない。 生命の神秘、それはまさにミラクルの連続。 プライスレス。

コクワ2017

イメージ
2017年度コクワラインまとめます。

・2017年4月上旬
♂44mm・♀29mm。
越冬明けから2ヶ月同居。






オスは前年度採集個体の5本足。
気性の荒さで初代コクワールドのグルに。



メスは同エリアの最大ママ。
同じく前年4月に単独キャッチ @ 桜の木。
まずないと思うけど、再交尾OKという事で。

・6月上旬
ヒラタにも試したセッティングでお手並み拝見。
ボトルを2回ほど落下させ、豪快にバウンドさせるOrz。
よって長めにトータル25日間。



・7月上旬
初令確認。
雌親は給餌後リリース。



・9月上旬
産卵床解体、結果は幼虫5。
前蛹1。





・9月中旬
♀1羽化。



・10月上旬
♂1羽化確認。
(左顎先端は活動中に欠損)

・2018年5月
全頭羽化完了。


49mm
44mm
38mm


26mm

人口蛹室2
死亡1
羽化不全3
異常アリは不全としてカウントしています。
早々に羽化した2匹はどちらも跗節が無かったり、未発達?だったりと微妙な結果に。
「ふせつ」を漢字で書くと「跗節」で合ってますかね。



♂44mmもワケありで、口唇のブラシが片方しか機能していない。
餌はレギュラーの菌床500cc1本返し。
十分に寝かせたつもりでもコクワにはまだまだ硬いのかも。





1匹だけ微粒子系を与えてみたところ、2本で49mmが羽化してきた。
難なくとはいかず、前胸に凸凹あり。
色々と自力では厳しかった。
早くも一仕事終えて、2018コクワールドへいざ出陣。 

とは言っても、どの子も全くもって問題ナッシング。
やんちゃな長男♂38mmには何としても越冬してもらいたいところ。
自由に研究中。

火垂るの墓

イメージ
今日という日を忘れない。
1945年9月21日は清太の命日。

Watch Grave of the Fireflies full movie with english sub https://youtu.be/FYpZvjEkc-8

近い将来。
全ての第二次世界大戦経験者がこの世を去る日もそう遠くはない。


共有完了。 今年も昭和最後のアニメ映画を観ています。
Just a human I do what I can,
FBF

秋一番

イメージ
天災が深刻ですね。 お気をつけて。
先週末のバーアクエリアスにお越し頂きました皆様ありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。

ライブ動画チェック感謝す。 引き続きオフラインでよろしくす。
来月のクワラガは私ことAtooshiが第1土曜日不在のため、第2週目10/13(土)開催を予定しております。 な感じでまた次回。 One love & Inity
TBT

神湖祭

イメージ
8月最後の振り返る木曜日。
皆勤賞で〆た平成最後の神湖祭、スカッとしにサクッと行ってきました。



久々本栖湖ありがとう、俺の夏完成です。 TBT

ヒラタ2017

イメージ
フラッシュバックする金曜日、2017年度ヒラタブリーディングまとめます。



・2017年7月中旬
♂42mm・同エリア♀28mmペアリング。
開始早々に交尾を確認。

・8月上旬
再検証も兼ねて前年度の菌床セッティングで2週間。
卵未確認、結果はメス幼虫2。
・8月下旬
2回目はマットで10日間。
セットから8時間で底面に卵を確認。
親は給餌後リリース。







・10月上旬
結果は幼虫11。
卵1孵化せず。
大小1匹ずつパイセンヘ譲渡2。

菌床ブロック1個+中古500ccボトル3本でトライしてみました。
容量は200~500cc。

・2018年4月下旬 ♂1羽化確認。 
・5月下旬 全頭羽化完了。



♂ 57mm 56mm(写真)
51mm 44mm 41mm



♀ 33mm(写真) 30mm 26mm
死亡3。 死因についてはまとめてまたの機会に考えます。
人工蛹室6。
羽化不全0。
譲渡組♂1♀1。

卵・脱皮・蛹観察は割愛、こちらも日を改めてまた。
近所のと比べても遜色無い個体が出揃った。
大中小へんたいよくできました。
TJIF

REGGAE ZION

国内レゲエ専門配信サイトといえば、レゲエザイオンさん。
大変お世話になっております。
本人ということで、勝手にマイページのご案内。

↓ダウンロードはこちらから↓
ATOOSHI -【レゲエZION】レゲエ専門音楽ダウンロード

Blessed love & Respect 24/7

Ego

イメージ
新曲「Ego」エゴ全開でMad Fisher Recより本日配信スタート。



ミックスはDJ Fabulous。
デモからマスタリングまで全てのエンジニアリングを担当。
いい仕事してくれてます。
動画も近日公開予定。

↓ダウンロードはこちらから↓
REGGAE ZION
iTunes

New Arrival

イメージ
涼いね、こんばんワールド。 お盆は千葉Most Dangerousスタジオへ。
Mad Fisherラインの次の次の曲のデモと、その次の曲のオケ選び。 順調す。

Mad Fisherブランドの新着アパレル、元祖ブリーディングロゴTシャツの正規品が届きました。 いよいよ来シーズンより販売開始との事。 お楽しみに。
からの、とっくに仕上がってた次の曲。 じっくり寝かせて明々後日8/22(水)配信開始。 新曲「Ego」チェックよろしくです。 Blessup

デカメス

イメージ
FBFパイセンヤードのビッグママ。


立派ですね。 クワラガ明けのパイセン宅にて、先日キャッチしたというノコギリ♀を拝見。 ミーティングした結果、来年へ持ち越す事に。

こちらはマイヤードのオス。 カメラロール見返してみたら、ノコはこの一枚だけでした。 去年と比較すると確かに減ったかも。
亜熱帯化が止まらない。 今年は種類問わず頻繁に大型のメスを目にする。 来年まで待てない個体の動向が気になるところ。 アタリ年2K19到来の予感、今からワクワクしています。

サマースペシャル

イメージ
先週土曜日のバーアクエリアスにお越し頂いた皆様、毎度ありがとうございました。
満席立飲み御礼申し上げます。


当日はスペシャルゲストに人生の先輩兼レゲエの師匠兼クワ友のベテランセレクターThunder Killa氏をお迎えして、閉店まで100%アナログレコードセッション。 感無量でした。 感謝す。
サマースペシャルという事で、何かねーかなと考えるも全く浮かばず。 いやいや、まだまだこれからだからね。 ラガなクワ友何人できるかなと。 5656兄さん、来年の夏もよろしくお願いいたします。
バタバタでライブ動画は〆のマイタイムのみサーセン。 毎回かなりアバウトですが、お暇でしたらチェックよろしくです。 来月のクワラガは9/1(土)。
是非とも良い夏休みを。 Blessed love

ミニライン

イメージ
ミニヒラタラインはじめました。



7/31、500cc再生ボトルにイン。
正確には再生不要だったので、リサイクルボトルですかね。 春コクワが丁寧に開けてくれた穴のおかげで、投入から潜行まで異様にスムーズ。



結果は幼虫2。 マットで5日間。 メスが7/1投入後すぐに力尽きてしまい、どうしたもんかと放置からのガリガリ音。
親は♂33mm・♀30mm。 サイズがどう影響してくるのか楽しみ。 このペアだけ2回デコってまして、危うくオスのせいにしてしまうところでした。 三度目の正直、諦めんなと。 やってみろと。 試せと。
ヒラタやる。 まだまだお試し期間継続中。

売買

何かと話題になりやすいこのお題。
クワガタ儲かんの?って、
これ本当よく聞かれます。
知らないです。 自分は生体を売った事がありません。 買った事はあります。
いつからだろう。 記憶が正しければ80年代初頭。 カブトムシ¥100の叩き売りを近所の八百屋さんがやってて、何度か並んだのをよく憶えてます。 鳥屋さんのノコギリ¥300は高くて買えなかった。 あとは都心のデパート屋上。 始めてミヤマを見たのは、近所の友達が¥2000とかで親に買ってもらった時。
いい思い出になってます。 成虫を買って飼う事自体にはそこまで抵抗なかったんですね。 自己責任で。
で、考えただけで萎えてしまう。 趣味で、それも生体でお金もらっちゃったらアウト。 中古釣り具のようにはいきません。
本業として成立するならむしろ有りだろうし、クワガタと心中する覚悟があればいいだけの話。 共存共栄。 プロはどこまでもプロ。 ワイルドにそういうものであってほしい。 ドナドナだね。
というわけで、プライスレス。 やれクワラガだ何だやっていくからには、そこんとこ白黒はっきりさせておかなければ、と思った次第です。 オスのみとなりますが、飼ってくれる方にはデカいのからお渡ししてますんで。 ご一報いただければと思います。 僕んちのクワガタはお金じゃ買えませんので悪しからず。

春コクワ2018 幼虫

イメージ
マイラボレポ。
繁殖期はじめてます。

例の春イチコクワライン。 更新を待たずしてあっという間に自力で発生。



♂1♀3活動中。 幼虫1。 死亡2。 です。 まだ一本残ってるんで、お題の通り順を追ってメモります。


結果は7頭。 安定の引っ張り過ぎた感。 2頭胴体半透明・頭部に黒い変色有り、潜らず。 冒頭の♀22mmはボトル投入後一週間で蛹化、親回収から70日、孵化から60日ぐらいかと。
当ラインにはテスト中の500ccボトルを使用。 早期羽化を想定して、菌床はキノコ優先のレギュラー仕様に。 案の定、どれもほぼ食えずに蛹化。 再生ボトル4本完成。 更に寝かせます。

春コクワは1インチから。 なんてね、我が家の常温ならぬ高温飼育、春一番はこんな感じです。 因みに去年は今回ほど数も採れずで、微粒子系の菌床に入れたら半端に育ってしまった。 今年もまだまだデカい。
これぞ究極の暇つぶし。 3日でこんだけ産んでくれたので良しとします。 マッチザベッドしてたと。 手応え十分でした。 気になるラス1本へつづく。

ニアミス

イメージ
こんばんワイルド。 ここ最近のマイゲーム。 完敗です。
閲覧注意報発令。 7/26正午、自宅前にてデッドコクワ♂発見。


アスファルトから生える雑草に隠れるように立派な42mm。 玄関まで飛んでこいやと。 まさかのコクワラッシュ、殺虫級の暑さは尋常ではないのかも。
先日のくノ一はクーラー浴びながら意気揚々とスタンバってます。 こんだけチェックしてて肝心の本命を見逃すようでは、笑えない笑い話にもなりません。 念願の自宅産ペア揃わずOrz。
からの一昨日、強風吹き荒れる嵐の前夜未明。


またもや踏まれたコクワ♀。
3cmクラスのビッグママ。
ね、風なんて関係ないからね、侮れない。
おまえはもう萎えている。 こりゃまた来年かなと。 RIP